PET BOTTLE

  1. TOP
  2. パッケージデザイン
  3. ペットボトル

ペットボトルのパッケージデザイン

伊藤園の数々のペットボトルのパッケージデザインをデザイナー関和が手掛けています。
ジャスミン茶からおーいお茶、濃い味烏龍茶など、同じデザイナーとは想像できないのでは。

ジャスミン茶のパッケージデザイン

ジャスミン茶ペットのパッケージデザイン-1

エレガントなデザインで大ヒット
従来のペットボトルのイメージを変えた商品


伊藤園ジャスミン茶のパッケージデザインです。
従来にないジャスミン(モクセイ科の茉莉花)の花びらををモチーフにデザイン。これがきっかけで大手コンビニチェーンへ納入。そして、従来比数倍の売上げを記録した商品です。

冬期に販売のため温かみのあるピンクのジャスミンの花を数十種類描き、一つ一つ配置をしてバランスと色彩の調和をとりました。

この他、275mlのホットジャスミン茶もあります。

 

ジャスミン茶ペットのパッケージデザイン-2

夏場の清涼感をブルーイメージの
ジャスミンの花びらと水面で表現したパッケージ


ジャスミン茶の夏シーズン用パッケージデザインです。
清涼感を出すために、全体をブルーの色調で統一。花びらが水面に映り込んでさらにエレガントなイメージを創出しています。

これも一つひとつの花びらを配置し、水に映り込んでいる状態でバランスをとりました。

 

ジャスミン茶ペットのパッケージデザイン-3

ペット全体をくるむフルシュリンク
ターコイズブルーのラベルがさえる


フルシュリンクのパッケージデザインです。
ジャスミンの白のイメージをバックグランドで表現するため通常とは違う方法で白を再現。ラベルのターコイズブルーもポイントとなっています。

このデザインは花びらだけでなく、ジャスミンの葉も要素として使いました。

この他、275mlのホットジャスミン茶も制作。

おーいお茶のパッケージデザイン

おーいお茶のパッケージデザイン3種

季節感と味わいを見事にマッチングさせたパッケージデザイン。 いずれもヒット商品。

おーいお茶の季節バージョン。 左から、秋新茶。貯蔵した茶葉を使った深い味わいを秋の象徴「紅葉」で表現した。 春茶は、まさに春の訪れを感じさせるふくよかな味わい。満開の染井吉野で表現。 新茶はずばり、初々しい新茶の芽で表現。瑞々しい味わいを表現した。

烏龍茶のパッケージデザイン

烏龍茶500ml、2種と2リットルのパッケージデザイン

二つのバージョンには逸話がある。 味わいを現す男性的なパッケージデザイン。

中央の濃い味が一般流通の商品。 左の商品は特定のスーパー用に商品化された濃い味。 この商品が人気がでて一般流通商品の発売となった。
濃い味を好む男性に向けて、カチッとしたイメージのデザインに仕上げた。 一般流通商品には2Lのバージョンも制作した。

シンプルエコ茶・アップルティーのパッケージデザイン

エコ茶とアップルティーのパッケージデザイン

エコロジーパッケージをテーマに開発したお茶。

香り豊かなお茶は、あの「アスクル」専用商品。再生のラベルを使い最小のサイズ、色数、そして廃棄の方法まで記載。茶葉を使ったカートンケースを使用したエコロジーをテーマにした商品。

パッケージを見ただけで、あまーい味が想像できるりんごの紅茶。

林檎の皮をペットボトルに描いた丸ごと林檎のイメージ。 甘ーい味わいを、パッケージから創造できるよう考案した。 何故か、渋谷や恵比寿、新宿などの自販機で超ロングセラーを続けている謎の商品。